うちの9匹のねこを中心に、日々の想いなどを書いていきます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまちゃんを紹介します。

今日は、たまちゃんを紹介します。

たまちゃんは、過去に最低2回の出産を経験している、母ねこさんです。

 

はーと

 

たまちゃんに最初に出会ったのは、父ちゃんです。

今は、みんなで、朝3時前に起床ですが、父ちゃんは釣り好きなので、元々釣りに行く時には、3時に起きるんですねー。普段でも、5時頃には起きていました。そして、早朝の散歩を、雨の日以外は日課にしていました。

 

2003年5月のある日、車で行くような少し離れた公園で、たまちゃんに出会い、「私の赤ちゃんにご飯をあげて」とばかりに、振り向きながら鳴いて呼ばれ、たまちゃんとのご縁が出来たのです。

 

たまちゃんが作ったとも言える、餌場でした。これは、私の勝手な想像ですが、何ヶ所かある公園の餌場に、縄張りの関係から入れずにいて、ご飯が足りずに、必死の思いでとった行動だったのだと思います。本当に、賢いお母さんです。

 

はーと

 

餌場には、あっという間に、毎日来る子が大人だけでも7~8匹に増え、規則正しく来る子は女の子ばかりです。しかも、大人だけではなく、子ねこが8匹いて、来年はどうなる事だろうと、空恐ろしかったですよ。TNRは、他の方達に、頭から拒否されていましたしねー。

 

確かに、毎日ではなくとも餌を運んでくださる方達は、可愛い子猫がぴょこぴょこ遊んでいるので、持っていこうという方も、沢山いらっしゃるでしょう。でも、可愛い子ねこも、すぐに大人になるのです。ねこ生の殆どが、大人の姿なのです。そして、大半の、大人になれずに死んでしまう子達は、辛く苦しい形の「死」しかありません。どうぞ、それを忘れないで下さい。

 

夏が終わり、季節が秋に変わる頃、私の心配は杞憂に終わり、子ねこ達が、次々に姿を消し始めました。交通事故、餓死、etc.。最後が判る子も、判らない子もいます。一旦親離れをしたら、後は自力で生きていかなくてはなりません。溢れるほどの餌があっても、餓死してしまう子もいるのです。

 

はーと

 

たまちゃんの子は、3匹の内、2匹が片目。

父ちゃんのお気に入りの片目の子「ちびくろ」ちゃんは、交通事故で、星になってしまいました。最後の時、何時もは来ないような、離れたところまで、私達を見送りに来てくれました。地面に張り付いてしまっていたちびくろちゃんを、父ちゃんが見つけて、何時も遊んでいた場所に、大切に埋めました。

 

両方見えていた「コトラ」ちゃんは、とても臆病な子なのに、ちびくろちゃんがいなくなった日、私の目をひたと見据えて、一生懸命鳴いていましたが、次の日に風になりました。「ちびくろちゃんがいないの」と訴えていたのだと思います。「もういないのよ」としか言えなかった私。。。

コトラちゃんは、寂しくて、悲しくて、ちびくろちゃんを探しに行ってしまったのでしょう。

 

3匹のうち1匹だけが残りました。片目のラッチです。

 

はーと

 

11月の終わり、餓死しかかっていたハピちゃんを保護し、その2日後に、やたらにくしゃみと咳をしているラッチを保護しました。父ちゃんも、私も、もう子ねこが死んでしまうのを、二度と見たくなかったからです。

その年に公園で産まれた子は、公園に、1匹もいなくなりました。

 

はーと

 

2004年1月の初め、たまちゃんが、ご飯を欠席しました。3日目に出てきた時には、のたのたと、亀さんのような動きでした。きちんと立ち上がることも出来ず、私達は、あわてて病院へ。

「風邪」ということで、抗生剤と栄養剤を注射してもらい、また、公園へ返します。

次の日の朝、急いで行ってみると、昨日と全く同じ場所にいて、ご飯も食べていませんでした。また、病院へ連れて行き、抗生剤。もう駄目という言葉を聞き、とても公園にはかえせずに、家へ連れ帰ったのです。

お部屋は、全くの締め切りで、ガムテで封印し、ベランダから出入りをしました。たまちゃんが、どんな病気を持っているのかハッキリと判らず、ハピちゃんは、まだ具合の悪い最中なので、うつることを恐れたからです。

 

たまちゃんは、家でも何も食べず、動かず、指につけたお水を舐めるだけ。食べなければ、後は「死」を待つのみ。必死でしたよー。部屋を、ガンガン暖めながら、様々なご飯を出しました。家に来てから3日目、父ちゃんが釜茹でシラスを出し、初めて匂いを嗅いだ時は、それはもう嬉しかった!恐る恐る一口食べ、その後、パクッと食べた時は、涙がぽろぽろ出ましたねー。

助かる希望が出てきたのですから。

 

はーと

 

たまちゃんが、妊娠している事は、判っていました。

目の前で、発情期を見ていたのですから。

体力が戻ったら、急いで手術してもらうつもりでした。

でも、先生からは、妊娠していないと言われ、半信半疑で、

これも縁だから、出来ていたら、産んでもらおうと決めました。

 

出産当日、押入れを半分閉め、見えないようにすると、不安から、

出てきてしまうたまちゃん。母ちゃんの顔を見ながら、痛みを堪えて、

頑張っていたよね。信頼してくれているんだって、とても嬉しかったよ。

まだ、よたよたのオチビ達。お母さんはたいへんだ~

生まれて1ヶ月目。ジーンズをはいた母ちゃんは、にゃにゃちゃんに目薬中。

たまちゃんは、押入れの奥から手前へ、律儀に屋移りをしました。

たまちゃんの病室が、そのまま、出産・子育てのお部屋です。

ラッチとは、まだ、親子の対面をしていません。

もう少し後に、お部屋の入り口を網戸にして、他の子達と顔合わせです。

家では、最初は必ず、網戸越しの対面をするんですよ。

 

親子でのんびり、でも、にゃにゃはどこ?

5ヶ月目。

すでに、たまちゃん、寛いでいますねー。

子供がいるからか、慣れるのも早かった、たまちゃん。

賢い子だから、事情が理解できたのかな?と、ちょっと親バカ。

 

ブラッシングが大好き!
(背景が汚くて、スミマセン。)

今年の3月。

たまちゃんは、ブラッシングが大好きで、他の子に始めた途端に、

すっ飛んで来ます。割り込みも、お手の物。

父ちゃんに、ブラッシングをしてもらうところです。

 

公園にいた時より、少しでも幸せになれたかな?

たまちゃんが、自由に走り回っていた姿、母ちゃんは覚えているよ。

その自由と引き換えに、お家の子になってくれたたまちゃん。

父ちゃんと母ちゃんは、幸せにする責任があるものね。

一緒に幸せを積み重ねて、楽しい日々を暮らして行こうね。

父ちゃんも母ちゃんも、たまちゃんが大好きだよheart02

 

はーと

 

パソコンがウィルス感染をし、どうしようもなく、初期化してしまったので、

以前の写真が殆ど残っていません。

今更ながら、バックアップしておけばよかったなぁと思っても、後の祭り。

中途半端な写真ばかりで、お見苦しくてごめんなさい。

つづきを表示
スポンサーサイト
Copyright © た く さ ん の 幸 せ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。