うちの9匹のねこを中心に、日々の想いなどを書いていきます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のにゃんこ達 (7/30)

今日も、みんな、元気でーす。

 

 

 

 

14歳の、ちび太です。

ちびちゃん

何となーく、色っぽいポーズのちびちゃんです。

 

 

8歳(多分)の、たまです。 

たまちゃん 

何を考えているのかな、たまちゃん。

 

 

5歳の、ラッチです。

らっちゃん 

後ろは、朝焼け。お腹は一杯、満足だね、ラッちゃん。

 

 

5歳の、ハピです。

ハピちゃん

相変わらずへそ天の、はぴちゃんです。 

 

 

4歳の、たろうです。

たろちゃん

お目々が緑色になっちゃった、たろちゃん。 

 

 

4歳の、じろうです。

じろちゃん

ベッドの下で、やっと写した、じろちゃんです。 

 

 

4歳の、はなこです。

にゃにゃちゃん 

いつまでもちっちゃな、にゃにゃこです。

 

 

2歳の、びぃのすけです。

びぃちゃん 

お目々に、母ちゃんは写っているかな、びぃちゃん。

 

 

2歳の、しぃこです。

しぃちゃん

警戒中なのかな、しぃちゃん。

 

 

 おまけの1枚。

 びぃの開き

 ボクは、きょうも、「ひらき」でねるんだよ。 

 

 

 

 

昨日は、バタバタとしていて、写真も、今朝、急いで撮りました。

おまけでない方のびぃの写真だけ、一昨日のものです。

殆どの写真に、フラッシュを使っているので、

みんな、お目々が怪しく光っています。

 

今日もみんな、元気一杯!楽しい1日を過ごそうねheart02

スポンサーサイト

しぃこの冒険。

昨日は、夕方からの大雨と雷で、家の子達は、大騒ぎ。。。

そんな時間に、しぃちゃんの冒険は始まりました。

 

 

 

 

きょうは、ちっちゃなぼうけんをしてみるの。

しぃこ、ぼうけんしたの  

母ちゃんが、びぃにいちゃんに、たのんでくれたの。

え?!ぼく~? 

「びぃちゃんに、連れて行って貰いたいんですって。」

「ふ-ん。でも、ひとりでも、いっていいんだよ。」

 

 

一体、しぃちゃんは、どこに行きたいのでしょうか?

こっちだよ 

そこは、たまちゃん一家が、隠れ家に使っている押入れでした。

「こっちから、はいるんだよ。」

びぃは、自分ですたすた入って行ってしまいました。

(頼りにならんやっちゃなー!)

 

 

「びぃにいちゃん、どこからはいったのー?」

しぃこ、はいれるかなー 

ウロウロしながら、ちょっと躊躇している様子のしぃちゃん。

「しぃちゃん、椅子の下から入らないと、駄目なのよ。」

 

 

恐る恐る覗きながら、入って行くしぃちゃん。

びぃちゃん、どこですか 

「びぃにいちゃーん。どこにいるのー?」

 

 

ピタッと、足が止まります。しかも、中腰のまま。

うわっ、ねこさんいっぱいなのー 

雷のせいで、中は大混雑です。

にゃにゃ、じろう、ラッチ、たま、おまけのびぃのすけ、計5匹。

中で、犇めき合っています。

 

 

「母ちゃん、ねこさんがいっぱいで、わたし、いやなの。」

とても、だめなの 

体、2/3を入れたところで、諦めてしまいました。

帰りは、すたすたと、とっても早いです。

「しぃちゃんには、中に、たくさん居過ぎたわね。」

 

 

「かくれがは、わたしだけのものじゃないと、いやなの。」

やれやれなの 

ワガママお嬢様は、不満そうです。

「でも、しぃちゃんには、自分専用があるじゃないの。」

「ひとつじゃ、いやなの。」

ヤレヤレ、押入れは、みんなで一つしかないのよ?

 

 

でも、本当は、みんなと仲良くしようと思ってくれたのよね?

しぃちゃんには、とっても大変だったこと、母ちゃんは解っているよ。

どうも、ありがとうね、しぃこちゃんheart02

 

 

 

 

みんなに、インタビューしてみました。

 

ちび太さん、隠れ家をどう思いますか?

ぼくには、かんけいないね 

「ぼくには、かんけいないね。かくれがなんて、なくてへいきさ。」

 

 

では、質問を変えてみましょう。

 

たろうさん、隠れ家を、しぃこさんと一緒に使えますか?

いいよー 

「いいよー。しぃこはかんだりしないから、いっしょにつかうよー。」

なんと、太っ腹。お兄ちゃんだけの事はあるねー。

 

 

ぼくは、どっちでもいいです 

「ぼ、ぼくは、ぐっすりねるので、だ、だれがいるのか、わからないです。

ど、どっちでも、いいです。」

そうかー、じろちゃんは、熟睡タイプだものね。

 

 

にゃにゃこは、めいわくです! 

「にゃにゃは、いやです。めいわくです。しぃこが二つなら、

にゃにゃだって、かくれが、二つほしいです。」

押入れは、にゃにゃこがずーっと使っているものね。

にゃにゃこには、隠れ家は必需品といったところだしね。

そうか、わかったよ、にゃにゃ。

 

 

しぃこは、よわむしだもん 

 「かくれがってなーに?ふーん、ひみつきちのことなんだね。でもさ、

しぃこはよわむしだもん。いっしょにあそぶのは、やだよー。」

えーと、秘密基地で、一緒に遊んで欲しい訳ではないんだけどなー。

聞いてみた母ちゃんが、悪かった、と。 はい、次、次。

 

 

ぼくは、さんせいです 

「ぼくには、かくれがはないけれど、しぃこなら、なんでもわけますよ。」

ハピちゃんは、誰にでも、譲ったり、遠慮したりしてくれるものね。

ちゃんと順番を待てる、優しい子。ありがとうね。

 

 

まかせてください! 

「わたしが、みんないっしょに、しつけますよ。まかせてください。」

おぉ~、さすがにたまちゃんは、経産婦だ!力強い、日本の母だね。

では、みんなの躾、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

しぃちゃんの、小さな冒険は、竜頭蛇尾に終わりました。

でも、母ちゃんは、ちょっとずつ「ねこさん」に慣れてくるしぃちゃんが、

嬉しくてたまりません。ぽつんと、1匹で居るしぃちゃん。。。

本当に、心配でした。

みんなの中に入ってみようと、頑張ってくれたしぃちゃんの

気持ちが嬉しくて、こんな記事にしてみました。

 


んべんべ、んべ。

今日は、写真をメインに(手抜き?)、どうぞ。

 

 

ちび太、男の子なのに、お手入れが長いです。

ちび太の、んべ 

お手入れの前に、毛布をモニモニする時もあります。

ちび太の、んべー 

気持ちよさそうだねー!

ちび太の、んべんべ  

ちびちゃんは、自分を人間だと思っているみたいです。

溺愛している父ちゃんが、お母さん。

母ちゃんは、拗ねているときに甘えるお姉さん

でも、いざという時には、やっぱり、父ちゃんを選びます。

まだ、1匹時代の頃、急に雷が鳴り、二人で顔を見合わせた途端、

こいつは、天袋の奥に、自分だけ逃げました。。。

母ちゃんてば、信用されてないのね、グスン

まぁ、雷に弱いのは、私譲り。え?!そこで自慢ですか???

 

 

しぃこは、お手入れが大好き。1時間以上、続くこともあるんです。

しぃこの、んべ 

一心不乱に、お手入れ、お手入れ。

しぃこの、カジカジ 

只今、爪のお手入れ中。正面の顔、怖いです。。。

しぃこさんの、V字バランスです。

V字のしぃこさん 

何のために、こんな格好でお手入れをするのかなぁ。。。

最後は、おすまししぃこさん 

最後は、おすましさんに戻りましたー。

しぃちゃんは、不妊手術の時に、病院で1泊しました。

次の日お迎えに行くと、病院に入ったとたんに、しぃちゃんの大声が。

煩かったですね、ごめんなさい、と謝ったら、声を聞いたのは、

初めてです、って言われました。飲まず、食わず、鳴かず、トイレもなし。

固まって、殆ど身動きもしなかったらしいです。

私が来て、急に耳を劈く声で鳴き始めたのだとか。。。

どんなに不安だったかと思うと、切なかったですねー。

その反動で、甘やかしてしまい、今は、超・超ワガママさん。

そして、臆病さん。

まぁ、しぃこなら、許す! え?!許しちゃうの???

 

 

超・簡単お手入れの、びぃのすけ。

びぃのすけの、んべ 

天然君は、お手入れも簡単。5分もあれば、終了~!

ところが、今日のびぃのすけ君、いつもと違う!

くるりんちょん、その1 

何気なく、私が、「くるりんちょん」と言うと。。。

くるりんちょん、その2  

くるりんちょん、と回りましたー。もう1度、トライだ~!

くるりんちょん、その3  

また、回りました~。いい気になって、さらに、もう1度!

くるりんちょん、その4 

ひぇ~、回った~~!!天才じゃないのー?と、親ばかは思う。

実は、じろうが撫でて欲しい時、「はい、ろりんちょん」と言うと、

お腹を出して寝転がります。

でも、こんなに何度も回るなんて。。。しかも、天然びぃが!

たまたまなのか、ちゃんと解っているのか、

これから、調査に入りまーす。

とは言え、無理にはしませんよ、可哀想だから。

チャンスがあった時に、また、「くるりんちょん」と、言ってみます。

 

 

最後の1枚は、おじゃましまーすの、んべです。

おじゃましますの、んべ 

ハピが最初にいたので、後から来たびぃが、ご挨拶。

ハピが警戒しているのは、びぃがすぐに咬み咬み攻撃に移るからです。

ハピちゃんは、平和主義者。ほとんど、喧嘩をしません。

母ちゃんが泣いていると、心配そうに傍に来て、涙を舐めてくれます。

「大丈夫よ。」というまで、ずーっと傍に付いていてくれる、

なんとも、優しい子なのです。。。


「わたしは今がいちばん幸せだよ」

前回の記事で予告をしてしまったので、どういう形で感想文を書こうかと、いろいろ考えましたが、本当は、私などがゴチャゴチャと書くより、読んでみて、その方なりの受け止め方をするべきなのでは?という結論に至り、あっさりと終わらせる事に致しました。

 

 

ここからは、「死」についての言葉が出てきますので、目にしたくない方は、ご遠慮下さい。

 

 

 

「わたしは今がいちばん幸せだよ」 ~エルマおばあさんケア日記~

発行所:小学館

発行日:2004年11月10日

著 者:大塚 敦子 

 

この本の著者は、大塚敦子さんです。「さよなら エルマおばあさん」の著者さんでもあります。

「さよなら エルマおばあさん」は、ねこのスターキティの目を通して、エルマおばあさんの最期の1年間を綴った本ですが、その大人版といえる、「わたしは今がいちばん幸せだよ」は、日付が入り、日記の体で書かれています。

私が、なぜ、この本について書きたかったのかと言うと、エルマおばあさんの死への準備が、淡々と、しかし周到になされていく様が、確りと書かれているからなんですねー。

残されるもの達への、最期の贈り物として、後悔や罪悪感を後まで残さないように、全ての事を自分で決定していくのは、エルマおばあさんのように、自立心と矜持を持っていなければ、簡単な事ではないと思います。そして、送る側も、執着を断ち切り、心配を残しながらの旅立ちにならないように、お互いに笑って別れる準備をしなくてはなりません。それは、私にとっては、とても素晴らしい事のように思えます。

でも、日本人の心情として、送られる方も、送る方も、涙ながらの別れでなければ、冷たいと受け取ってしまうのかなぁ。。。というのが、今回、思い入れを書くのを止めた理由です。

 

現在、私がお手本として見習いたい、と強く思う理由は、実はねこ達のためなんですねー。全ての子を看取るつもりでいるので、今から、送る側としての悔いを残さぬよう、その時に、ねこにとって辛い選択をしてしまわぬよう、心の準備を始めているのです。長くも短くも、一緒にいられるのは、現世では限られた時間です。愛したら愛した分、別れの辛さが増すのでは、出逢った意味が無い。愛した分、幸せだったよ、と言ってやりたいなぁと願っているのです。

勿論、私がこの世を去る時に、エルマおばあさんのように、見事な旅立ちが出来るように心掛けたいとも思っています。

 

 

 

 

ということで、お口直しに(なるかー?)、どうぞ。

まいにち、あついんだもん  

今日は、壁際なので、片足だけ「開き」になっております。

ぐっすりかと思っていましたが、お目々が開いていますねー。

 

 

次回は、「V字バランスのしぃこさん」を、掲載予定です。

って、次回の予定は、今回で終わりです。

。。。たいへんなの、プレッシャーが。。。

 


開催中でーす。

突然、父ちゃんがベッドで、じゃらしタイムを開催致しましたー。

シーツ、敷きっ放しです。お見苦しくて、ごめんなさい。

間に合わなかった子は、残念!ということで、参加者のみの写真です。

 

 

当然とばかりに、中央に陣取るびぃのすけ。また、豚っ鼻だー!

じゃらしタイム、ベッドで開催! 

もはや、じゃらししか見えていない、ちび太とびぃ。

オイオイ、ラッちゃん、じゃらしはこっちだぞー!

たろうは、どうして彷徨ってる?

 

 

(下手くそな撮影人のせいで、もう、着地の場面です。)

びぃは、ちび太に着地 

じゃらししか見えないびぃは、ちび太の上に着地・・・

降って来たびぃに、ちび太のお耳は、水平状態。

書かなければ判らない、この緊迫状態。

撮影人(=母ちゃん)の腕の悪さが痛い、1枚となりました。

 

 

仲間に入れないしぃこちゃん。

仲間に入れないけど 

でも、目の前で、じゃらしを振られたら、

お手々は出すの 

どうしたって、手が出ちゃいますよね!

しぃちゃん、いいなー 

「いいなー、しぃ子は。。。」という声が聞こえてきそうです。

 

 

相変わらず、お間抜け?なラッちゃん。

ボクには、ゆっくり動かして! 

でも、右目が見えないので、早く動くものは、どうしても苦手。

「うごかなかったら、なんでもこい!

じゅうでんきも、まうすも、こんぽのすぴーかーも、

ぼくが、みーんな、やっつけたんだよ。」

噛み切ったのは、確かに、ラッチだねー。。。

 

 

暑い時の我慢大会、毎日開催中のハピちゃん。

モフモフハピちゃん 

この襟巻きといい、コートといい、お耳のボアといい、

なんともはや、暑苦しい。。。

 

 

そりゃ、どこででも、放熱したいよねー。

どこでも、どんなカッコでも、すやすや 

とは言え、どーしてトイレに足を掛けている?

普通サイズのトイレ、小さく見えるんですけど。。。

 

 

実は、父ちゃんから、とってもナイスな提案がありましたー。

「お前は、1本にネタ詰め過ぎるから、困ったって、すぐ言うんだよ。

1本を、写真2~3枚にして、細かく分ければいいの。」

なるほど~!

ということで、次回から、1本が短いかも?です。

ついでに、次回は、「さよなら エルマおばあさん」の大人版、

「わたしは今がいちばん幸せだよ」の感想文を書くつもりです。

 

刮目して、待て!      なんちゃって。。。


今日は、簡単UPです。

今日は、写真が撮れませんでした。

ということで、簡単UPです。以前の写真が入っていまーす。

 

はーと

 

以前に載せた時の、じろちゃんのへそ天。

じろちゃんのへそ天

たまちゃんが出て来て、ビックリする前のじろうです。

 

そのたまちゃんのへそ天。

たまちゃんのへそ天 

たまも、お腹は真っ白でーす。

でも、手術の時に剃ってから、お腹の毛が薄くなったままです。

ちょっと、ピンク色で、綺麗なんですよ~。

 

はーと

 

あれ?何かいるのかなー?

どうしたのかな? 

たろうもびぃも、真剣なお顔で見ていますねー。

 

 

実は、じゃらしタイムなのでした。

じゃらしタイムでした 

たろうは、場所もしっぽもそのままですね!

びぃのすけは、飛び掛るところね?ぶれて撮れています。

背中は、じろうです。奥で、背伸びはラッチです。

 

はーと

 

今日は最後に、可愛かったたろうを見て下さい。

 たろうです。後ろはにゃにゃです。

母ちゃんは、にゃにゃの目薬を付け終わり、開放したところです。

今度は、たろうに、「目薬よ。」

 

はーと

 

今日は、手抜きでスミマセン。

 

 


今日のにゃんこ達(7/17)

今日、母ちゃんに協力的だったにゃんこ達でーす。

何とお利巧さんなのでしょうか! 優しい子達だね~ハーボット

 

はーと

 

ハピのしっぽは、ハンディモップ?

ハピのお手伝い? 

ハピちゃんは、お掃除のお手伝いです。(嘘)

お口が少し開いているので、誰かと揉め事かな?

この図体に似ず、とても可愛い声で鳴くんですよ。

家で、一番可愛い鳴き声の、ハピちゃんでした。

 

はーと

 

ハピちゃんとは逆に、寸足らずのしっぽのびぃのすけ。

びぃのすけのしっぽ 

ボケボケですが、上から撮ってみました。

 

今度は、横から。

横向きびぃのすけ 

中途半端な長さのしっぽ。。。一応、ボンボンに膨らみますよー。

この子は、このまま壁を蹴って、落っこちたりします。

危険!というアンテナが、ないのかなぁ。

もう一つ、気持ちの判りにくいびぃのすけでした。

 

はーと

 

お部屋から出たくないしぃこ。

しぃこは臆病さん 

こんな格好で、よく覗いています。

母ちゃんが、お部屋に帰らないと、わざわざ呼びに来てくれるんです。

ただ、自分が甘えたいだけなんですけれどねー。

やれやれ。。。親離れは、何時のことやら。

ひたすら、母ちゃんの独占を図る、しぃこでした。

 

はーと

 

ご飯の時間を、1時間前から待つ面々。

ご飯、1時間前  

「そろそろだよなー」「ちょっとおそくない?」「まちくたびれたー」

この子達が、特別食いしん坊という訳ではなく。。。

 

ご飯の時間を、30分前から待つ面々。

押すな押すなの大盛況 

あっという間に集まって、あちこちで内輪もめが始まっちゃうんです。

ラッチは、傍に来る子に、片っ端からねこパンチを繰り出します。

立ち上がって応戦するのは、たまちゃん。

まるで、ダンスを踊っているかのようですよ。

珍しく、ちびちゃんが左端に。大抵は、食器棚の上でずーっと鳴いています。

毎日、2回、我が家では、この混雑が起きています。

 

はーと

 

あれ? 全員出てきましたねー!

みんな、文句を言いつつ(?)、母ちゃんに協力的だー\ハーボット/

 

「なんと優しい子達だことheart02

 

エヘヘ、母ちゃんは、これが言いたかったのでした。

みんな、本当に、可愛くていい子達なんですよ。

 


たまちゃんを紹介します。

今日は、たまちゃんを紹介します。

たまちゃんは、過去に最低2回の出産を経験している、母ねこさんです。

 

はーと

 

たまちゃんに最初に出会ったのは、父ちゃんです。

今は、みんなで、朝3時前に起床ですが、父ちゃんは釣り好きなので、元々釣りに行く時には、3時に起きるんですねー。普段でも、5時頃には起きていました。そして、早朝の散歩を、雨の日以外は日課にしていました。

 

2003年5月のある日、車で行くような少し離れた公園で、たまちゃんに出会い、「私の赤ちゃんにご飯をあげて」とばかりに、振り向きながら鳴いて呼ばれ、たまちゃんとのご縁が出来たのです。

 

たまちゃんが作ったとも言える、餌場でした。これは、私の勝手な想像ですが、何ヶ所かある公園の餌場に、縄張りの関係から入れずにいて、ご飯が足りずに、必死の思いでとった行動だったのだと思います。本当に、賢いお母さんです。

 

はーと

 

餌場には、あっという間に、毎日来る子が大人だけでも7~8匹に増え、規則正しく来る子は女の子ばかりです。しかも、大人だけではなく、子ねこが8匹いて、来年はどうなる事だろうと、空恐ろしかったですよ。TNRは、他の方達に、頭から拒否されていましたしねー。

 

確かに、毎日ではなくとも餌を運んでくださる方達は、可愛い子猫がぴょこぴょこ遊んでいるので、持っていこうという方も、沢山いらっしゃるでしょう。でも、可愛い子ねこも、すぐに大人になるのです。ねこ生の殆どが、大人の姿なのです。そして、大半の、大人になれずに死んでしまう子達は、辛く苦しい形の「死」しかありません。どうぞ、それを忘れないで下さい。

 

夏が終わり、季節が秋に変わる頃、私の心配は杞憂に終わり、子ねこ達が、次々に姿を消し始めました。交通事故、餓死、etc.。最後が判る子も、判らない子もいます。一旦親離れをしたら、後は自力で生きていかなくてはなりません。溢れるほどの餌があっても、餓死してしまう子もいるのです。

 

はーと

 

たまちゃんの子は、3匹の内、2匹が片目。

父ちゃんのお気に入りの片目の子「ちびくろ」ちゃんは、交通事故で、星になってしまいました。最後の時、何時もは来ないような、離れたところまで、私達を見送りに来てくれました。地面に張り付いてしまっていたちびくろちゃんを、父ちゃんが見つけて、何時も遊んでいた場所に、大切に埋めました。

 

両方見えていた「コトラ」ちゃんは、とても臆病な子なのに、ちびくろちゃんがいなくなった日、私の目をひたと見据えて、一生懸命鳴いていましたが、次の日に風になりました。「ちびくろちゃんがいないの」と訴えていたのだと思います。「もういないのよ」としか言えなかった私。。。

コトラちゃんは、寂しくて、悲しくて、ちびくろちゃんを探しに行ってしまったのでしょう。

 

3匹のうち1匹だけが残りました。片目のラッチです。

 

はーと

 

11月の終わり、餓死しかかっていたハピちゃんを保護し、その2日後に、やたらにくしゃみと咳をしているラッチを保護しました。父ちゃんも、私も、もう子ねこが死んでしまうのを、二度と見たくなかったからです。

その年に公園で産まれた子は、公園に、1匹もいなくなりました。

 

はーと

 

2004年1月の初め、たまちゃんが、ご飯を欠席しました。3日目に出てきた時には、のたのたと、亀さんのような動きでした。きちんと立ち上がることも出来ず、私達は、あわてて病院へ。

「風邪」ということで、抗生剤と栄養剤を注射してもらい、また、公園へ返します。

次の日の朝、急いで行ってみると、昨日と全く同じ場所にいて、ご飯も食べていませんでした。また、病院へ連れて行き、抗生剤。もう駄目という言葉を聞き、とても公園にはかえせずに、家へ連れ帰ったのです。

お部屋は、全くの締め切りで、ガムテで封印し、ベランダから出入りをしました。たまちゃんが、どんな病気を持っているのかハッキリと判らず、ハピちゃんは、まだ具合の悪い最中なので、うつることを恐れたからです。

 

たまちゃんは、家でも何も食べず、動かず、指につけたお水を舐めるだけ。食べなければ、後は「死」を待つのみ。必死でしたよー。部屋を、ガンガン暖めながら、様々なご飯を出しました。家に来てから3日目、父ちゃんが釜茹でシラスを出し、初めて匂いを嗅いだ時は、それはもう嬉しかった!恐る恐る一口食べ、その後、パクッと食べた時は、涙がぽろぽろ出ましたねー。

助かる希望が出てきたのですから。

 

はーと

 

たまちゃんが、妊娠している事は、判っていました。

目の前で、発情期を見ていたのですから。

体力が戻ったら、急いで手術してもらうつもりでした。

でも、先生からは、妊娠していないと言われ、半信半疑で、

これも縁だから、出来ていたら、産んでもらおうと決めました。

 

出産当日、押入れを半分閉め、見えないようにすると、不安から、

出てきてしまうたまちゃん。母ちゃんの顔を見ながら、痛みを堪えて、

頑張っていたよね。信頼してくれているんだって、とても嬉しかったよ。

まだ、よたよたのオチビ達。お母さんはたいへんだ~

生まれて1ヶ月目。ジーンズをはいた母ちゃんは、にゃにゃちゃんに目薬中。

たまちゃんは、押入れの奥から手前へ、律儀に屋移りをしました。

たまちゃんの病室が、そのまま、出産・子育てのお部屋です。

ラッチとは、まだ、親子の対面をしていません。

もう少し後に、お部屋の入り口を網戸にして、他の子達と顔合わせです。

家では、最初は必ず、網戸越しの対面をするんですよ。

 

親子でのんびり、でも、にゃにゃはどこ?

5ヶ月目。

すでに、たまちゃん、寛いでいますねー。

子供がいるからか、慣れるのも早かった、たまちゃん。

賢い子だから、事情が理解できたのかな?と、ちょっと親バカ。

 

ブラッシングが大好き!
(背景が汚くて、スミマセン。)

今年の3月。

たまちゃんは、ブラッシングが大好きで、他の子に始めた途端に、

すっ飛んで来ます。割り込みも、お手の物。

父ちゃんに、ブラッシングをしてもらうところです。

 

公園にいた時より、少しでも幸せになれたかな?

たまちゃんが、自由に走り回っていた姿、母ちゃんは覚えているよ。

その自由と引き換えに、お家の子になってくれたたまちゃん。

父ちゃんと母ちゃんは、幸せにする責任があるものね。

一緒に幸せを積み重ねて、楽しい日々を暮らして行こうね。

父ちゃんも母ちゃんも、たまちゃんが大好きだよheart02

 

はーと

 

パソコンがウィルス感染をし、どうしようもなく、初期化してしまったので、

以前の写真が殆ど残っていません。

今更ながら、バックアップしておけばよかったなぁと思っても、後の祭り。

中途半端な写真ばかりで、お見苦しくてごめんなさい。


お尻を追いかけてみました。

今日は、みんなのお尻を、追いかけてみましたー。

 

手術後、13年6ヶ月。。。

ちび太の痕

模様のせいか、くっきり、はっきりと残っていますねー。

これだけ経っても、まだ何となーく、ふにふにしていますよ。

 

手術後、4年4ヶ月。。。

ラッチの痕


ラッちゃんは、家へ来た時に、9ヶ月くらいだったので、

1歳丁度くらいに、手術をしました。

雉トラさんは、痕跡ありあり、ですねー。

 

手術後、3年8ヶ月。。。

じろうの痕

じろうとたろうは、一緒に、手術のために入院。

じろうが、余りに鳴いてうるさいので、急遽、先に手術となりました。

普通は、1匹で、手術を頑張るんだよ、じろちゃん。

じろうとたろうは、お土産に、蚤を貰ってきました。。。

 

手術後、1年6ヶ月。。。

びぃのすけの痕

まだ、まだ、ふにょふにょ感が、一杯です。

病院を替えたので、10ヶ月を過ぎての手術です。

尿路症の予防を兼ねて、と言われましたが、慎重派の先生ですので、

びぃの発育状態なども考えて頂いた上での、遅い手術でした。

これも、いつかは、消えてしまうのかな。。。

 

ハピは、モフモフ過ぎて、毛を掻き分けても、よく判りません。

たろうは、写真では、さっぱり判りません。

 

ということで、手術痕を激写!してみました。

(安心して頂けたかな~?)

 

※ マウスオンで、名前が出てきます。クリックで、大きくなります。

 

はーと

 

「お尻」繋がりで、しっぽを撮ってみました。

 

細めで短めの、たまちゃんのしっぽ。

たまのしっぽ

このしっぽで、子供達を遊ばせて来たんですね。

 

いつでも、右にくるん♪の、しぃちゃんのしっぽ。

しぃこのしっぽ

見た目では、お団子をくっ付けているかのようです。

 

いろいろ隠せる、ハピちゃんのしっぽ。

ハピのしっぽ

誰かの爪やら、木屑やら、ねこ砂の細かい粒やら、たくさん出てきます。

足の裏にも、毛が一杯。リビングで、スケートが出来る子でーす。

 

先が1回転の、ラッチのしっぽ。

ラッチのしっぽ

ちゃんと指に巻きつけられる1回転です。

 

はーと

 

今日は、ほとんどというか、全然、顔が写っていませんでした。

全部、にゃんこですよーheart02



今日は、UPで迫ります。

今日も、年齢の順に、!!UP!!でーす。

 

写真撮るなら、噛むからね!の、ちびちゃん。

ちび太です。
すごーく、迷惑なんだよね!やめてくれる?

 

肉球

 

何をしようが、我関せずのたまちゃん。

たまです。
私、眠いんですよ。

 

肉球

 

我が家の、きじトラ第2号のラッちゃん。

ラッキーです。

ほらね、キリッとできるでしょ。おまぬけラッちゃんは、へんじょうします。

(後ろを通っているのは、たろちゃんです。)

 

肉球

 

只今、凝視中の(というより、縋りついている)ハピちゃん。

ハピです。
父ちゃん、母ちゃんがうるさいんです。たすけてください。

 

肉球

 

こんなトコで、居眠りかい!のたろちゃん。

たろうです。
ちがうよー。クンクンしてるのー。

 

肉球

 

今日は、非協力的なじろちゃん。

じろうです。
ぼ、ぼく、わらってないです。お、おこってるです。

 

肉球

 

すごーいズームで、暗がりにいた所をパチリ、のにゃにゃちゃん。

ホントは、はなこです。
しまった!ゆだんしていました。

 

肉球

 

きょうは、ちょっとねむいんだい、のびぃちゃん。

びぃのすけだよ。
おやつかとおもって、いそいでおきてきたのになー。

 

肉球

 

手をピラピラさせて、気を逸らしながら撮ったしぃちゃん。

しぃこです。
母ちゃん、そばにへんなものが。。。たいへんです!

 

肉球

 

今日の、おまけの写真です。

撮るのが中々大変な写真を2枚、どうぞ。

ハピちゃんの、立ち姿。

ハピちゃんは、走りまくるか、直線移動をしてすぐ座るか、の子です。

立ったまま、どこかを見ているのって、結構珍しいんです。

このしっぽ、歩くとゆらゆらして、とっても可愛いんですよ♪

 

肉球

 

単に、ちびちゃんがびぃのすけに気が付いていないだけなんですが。

ちびちゃんとびぃちゃんの、2ショット!

ちびちゃんは、びぃちゃんのそばが大嫌いなんですねー。

びぃちゃんが不意打ちをするせいでしょうか。。。
案の定、この後、上から手を伸ばして、ねこパンチの嵐でした。

それでもびぃちゃんは、お構いなしに、傍に行くんですよねー。

茶トラとは言えど、天真爛漫過ぎるぞ!びぃのすけ。

 

肉球

 

稚内保健所からの募集は、終了致しました。

ご協力、どうもありがとうございました。




映画「セブンス・コンチネント」、あるいは自殺について。

「セブンス・コンチネント」は、実際にあった出来事を元に、ミヒャエル・ハネケ監督がメガホンを取った、彼のデビュー作です。~感情の氷河期~3部作の、第1作目。

 

ここからは、ネタバレなんのその、となります。これから見ようと思っていらっしゃったり、全ての結末は自分の目で、という方は、ご遠慮下さい。また、「死」とも関連性がありますので、そういうのはちょっと、と思われる方も、ご遠慮下さい。

 

 

まず前置きとして、私の「死」に関する考え方、感じ方を、ざっと書いておきますね。

生い立ちから、普通の方とはかなり違うので、多分、「死」に対する考え方が、相当違うのではないかなと思うからです。

私は私生児として生まれ、9歳で母を亡くしました。母の結婚した男のDVが酷く、逃亡生活をしている途中でしたので、隣で一緒に寝ていた私はよく解らないままに、母の顔に死斑が出るまで、ずーっと見ていたんですね。「死」をはっきりと意識したのは、その時でしょうかねー。それ以来、私が死ぬ時には、必ず母が(私のねこ達も一緒に)迎えに来てくれると思っていますので、「死」は、全く恐怖の対象ではありません。痛いのは、イヤですが。。。

 

で、そういう私が見た「セブンス・コンチネント」ですが、この映画は、ごく普通の生活をしている家族が、一家心中をする過程を描いているんですね。一家とは、父親・母親・娘の三人です。その三人の日常生活の場面の一つ一つが、「緊張」と「息苦しさ」を感じさせます。

3章に分け、3年間を描いていますが、淡々と日常を描いているのに、今にもプツンと音を立てて切れてしまいそうな危うさと、その閉塞感、凄いです。

これは、オーストリアの映画ですが、オーストリアに移住という話が出てきます。でも、地球上には、六大陸しかありません。題名の「セブンス・コンチネント」(7番目の大陸)は、どこ?という訳ですね。

 

父親の書いた遺書には、この一家心中は前向きな選択である、というような言葉があります。娘も同意してくれたという言葉もあります。それにしては???と思ったのは、心中の前に、家の中を、特に個人的な物を破壊し尽くすのです。この行為は、二度と戻れないんだと、決心の後押しをするための行為ではないのかなぁと思うのですね。思い付きでないのなら、きちんと捨てて準備をするのでは?と、経験者は語る訳です。

 

ハネケ監督は、見る人の感性に、結論を委ねているような気がします。良いとも悪いとも、映画の中では語っていません。ただ、最後の方に何度も出てくるTV画面の砂嵐。これは、どんな「生」であろうとも、どんな「死」を迎えようとも、その時点で「無」あるいは「終」と言っているのではないのかなぁ。。。

世を儚んでの自殺も、前向きに選んだ自殺も、死んでしまえば同じ「無」だよ、と。

 

最後に、画像ではなく文字で、「遺書があるにも拘らず、ご両親(祖父母)は捜査を求めたが、事件としての証拠は何一つ無く、今でも迷宮入りである」と出てきます。オーストリアの警察機構や司法制度は何一つ解りませんし、迷宮入りと言う事であれば、立件はしたのでしょうが、ハネケ監督が言いたいことがあるとしたら、ここですね。

残された者の気持ちを思え!

 

私によく似た「死にたい症候群」の方へ。

私は、母を亡くした9歳で、「待ってて!一緒に行くから待ってて!」と、自殺を考えました。そこからの「生」は、”おまけ”だと思っています。相当に長い”おまけ”ですが。

勿論、半世紀以上生きている間には、虐待も受けてきましたし、手酷い裏切りも受けました。鬱病は、持病の一つとなっています。数度、自殺を試みた事もあります。でも、その度に失敗でした。まぁ、だから今でも生きているのですが。。。そして思うことは、信仰心の薄い私ですが、どこかに大きな存在があり、もうちょっと待っていなさいと言ってくれていたのかなという事です。

未だに、「生」への執着は、そう多くはありません。でも、そんな私が「死ねない」と思うのは、父ちゃんとねこ達という愛するものがいるからです。いつ、どこで、ということは解りませんが、「生きていて良かった!」と思う日は来ますよ。何かが、誰かが、「生きていてくれて、ありがとう」って、必ず言ってくれますからね。

辛かったら、今は”おまけ”を生きていると思って、頑張らず、気楽に過ごして下さいね。

 

色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)

 ぼくは、ここにいるよ

  稚内保健所で保護されている、10ヶ月の男の子です。

  きじトラさんは、優しい子が多いそうですよ。

  希望に、瞳が輝いていますね。

  小さい体に、きっと、夢が一杯なのでしょう。

  赤い糸は、必ず誰かに繋がっていますよ。

  どうぞ、早く優しいご家族に、出逢えますように!

 

はーとハート

 

 稚内保健所で保護されている、推定2~3歳の女の子です。優しい家族のお迎えを待っているの

ちょっと人見知りですが、甘えっ子の長毛さん。

慣れてきたら、お腹を上にして甘えてくれるそうですよ。

一杯愛してくれる、新しいご家族を待っています!

 

きじトラ君と長毛さん、あなたとの出逢いを、いい子で待っています。

心が揺れたら、「みのさん」まで、どうぞ。

はーとハート

ワンコさん、飼い主さんが決まったそうです。よかったですね!

きじトラ君、飼い主さんが見つかりませんでした。

ご協力、どうもありがとうございました。



今日のにゃんこ達。

へそ天写真を撮るべく、頑張っている今日この頃。

カメラを持ってくると、もうどこかに消えてしまっています。。。

仕方が無いので、今日のにゃんこ達を見て下さい。

 

協力的な、じろちゃん。「撮っても、いいです。」

じろちゃんです。

本当は、手前のたまちゃんより、色白なのですが。。。

不意に現れたたまちゃんに、じろちゃんはビックリ!です。

 

 

ぶにゃ~んと座ったハピちゃん。「そこ、うるさいよ」

ハピちゃんです。

左足には、ポリポリ掻いて抜けた毛が。

このまま前のめりに、寝てしまう事もあるんですよ。

ベッドが小さく見えてしまう、大きなハピちゃんです。

 

 

恐る恐る出てきたしぃちゃん。「誰もいない?」

しぃちゃんです。

怖がりさんなので、よそを向いた隙にさっと撮らないと、逃げます。

慣れるどころか、最初の頃より逃げ上手になったみたいです。

たまたまカメラを持っていたので、ボケが少なく撮れました!

 

 

熟睡か、遊んでいるかのびぃちゃん。「えい!えい!まけないぞー!」

やるきかー!のびぃちゃんです。

戦っているのは、母ちゃんの「ツボキーク」というマッサージ器具です。

けり、けり、けり~! まいったかー!

まいったかー!のびぃちゃんです。

 

あれ、みえないよー! ボク、まけました、だーい!

まいりましたーのびぃちゃんです。

ツボに当てる部分は、歯形で、崩壊しそうです。。。

こうして一匹で、あるいは誰かに飛び掛って、未だに「お遊び、命」のびぃ。

少しは、体だけでなく、心も成長しておくれ。。。

 

フンガァ~、ぼくはつよいんだよ!

ボク、つよいんだよ、の、びぃちゃんです。

カメラも呆れて、後ろにピントを合わせてしまいました。

 

え?!腕・・・ですか。あら、まぁ。。。

こんな母ちゃんに育てられているから、成長止まっちゃうのか知らん。

みんな、ごめんよ。

でも、大、大、大好き~♪ 愛してるよ。

こんな可愛い子達に囲まれて、母ちゃんは幸せですheart02

 

  

色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)

 ぼくは、ここにいるよ

  稚内保健所で保護されている、10ヶ月の男の子です。

  きじトラさんは、優しい子が多いそうですよ。

  希望に、瞳が輝いていますね。

  小さい体に、きっと、夢が一杯なのでしょう。

  赤い糸は、必ず誰かに繋がっていますよ。

  どうぞ、早く優しいご家族に、出逢えますように!

 

はーとハート

 

 稚内保健所で保護されている、推定2~3歳の女の子です。優しい家族のお迎えを待っているの

ちょっと人見知りですが、甘えっ子の長毛さん。

慣れてきたら、お腹を上にして甘えてくれるそうですよ。

一杯愛してくれる、新しいご家族を待っています!

 

きじトラ君と長毛さん、あなたとの出逢いを、いい子で待っています。

心が揺れたら、「みのさん」まで、どうぞ。



「別れのレッスン」
今日は、母ちゃんの心に残った1冊です。

著者は、大塚敦子さん。「さよなら エルマおばあさん」で、準太陽賞を受賞していらっしゃるので、ご存知の方も多いのではないかと思います。
これは、ワシントンで、パートナーさんと初めて飼ったねこ2匹との、出会いから別れまでを書いたものです。ねこさん達の名前は、「姫」ちゃんと「てふてふ」ちゃん。
1992年に、まず彼女は、アニマルシェルターで候補を探そうと考えます。驚きました。日本では、まだ今でさえ、生体販売が主流です。何と遅れている事か!しかも、シェルターから引き取る時には、ボランティアの検査員さんが、家を検査に来るという。誓約書へのサインを済ませ、借家なら、大家さんの了解を取る。それからやっと、ねこさんの到着です。徹底していますね。
今は、子ねこのシーズンで、新しいお家を探してもらう子が沢山いますが、皆様同じような事を、ボランティアでなさっていらっしゃるんですよね。頭が下がります。どうもありがとうございます。

でも、シェルターに行く前に、ペットショップで捨て猫が保護されているのを知り、友人と一緒に見に行きます。姫ちゃんとてふてふちゃんとの出逢いです。そこでも、ビックリ!でした。ペットショップから出てきた二人に、「まさか、買ったのではないでしょうね?」と、通りかかった女性が声を掛けるんですねー。言われた方も、普通に、棄てねこを引き取ったと答えます。そして、文の中で、こういう人達のおかげで、販売される事が無くなった、と。
日本だったらどうでしょうか?声を掛ける事が躊躇われ、掛けたとしても、変な人というレッテルを貼られるのがオチ、という気がしますね。掛けられた方も、無視、かな。あるいは、逆切れ。

著者は、その頃、エイズと共に生きる人達の取材をしていますが、ワシントンでは、飼っていたねこや犬の世話が出来なくなったエイズ患者のために、ボランティアを派遣して、最後まで、一緒に暮らせるように助けてくれる団体があるそうです。人にも動物にも、優しい考え方ですね。
また、同じ事を書きますが、どうして日本では、こういうことが根付かずに、欲望ばかりが肥大していくのでしょうか?ボランティア団体が存続しているという事は、豊かな人達が寄付をしているということですよね?日本は豊かな国になったのではなかったのでしょうか?こういう時、日本人である事を、恥ずかしく思います。

ここから先は、闘病の記録です。もう辛くなってきました。姫ちゃんが、猫白血病を発症し、一時はてふてふちゃんとお部屋を分けますが、てふてふちゃんも発症し、また2匹は一緒になります。
著者は、必死に治療を続けます。病院の先生が、「時には安楽死が、一番の思いやりになるよ」と言いますが、著者は受け入れることが出来ず、治療を続けます。そして、姫ちゃんが、続いててふてふちゃんが、病院で虹の橋に旅立ってしまいます。
著者は、泣き暮らし、泣き暮らし、そして考えます。「なぜ、あんな苦しい死に方をするまで、命を延ばそうとしたのだろう」「なぜ、いつまでも自分の傍に引き留めようとしたのだろう」
著者の頭からは、姫ちゃんとてふてふちゃんの最後の姿が離れません。必要以上に苦しめてしまった、一人で旅立つのは、どんなに寂しかっただろう、という後悔ですね。
賛否両論のある選択ですねー、安楽死というのは。ただ、私も別れの準備が出来ないまま、一秒でも長く、というタイプですので、衝撃でした。そうか、自分の我儘から引き止めることだけは止めよう。
今でも、どの子も最期を看取り、腕の中で旅立たせようという決意は固く持っています。

実は、著者の後悔はもう一つあって、最初に猫白血病の検査をしていなかったことです。今は、日本でも、猫エイズと共に、検査が当たり前になっていますから、こういう種類の後悔は、ほとんど無いかと思います。でも、姫ちゃんが発症した時にした検査では、てふてふちゃんは陰性でした。

それから、もう一つ羨ましいなと思った事は、姫ちゃんの発症でツアーをキャンセルした時に、もう返金のある時期は過ぎていたのにも拘らず、「大切なご家族が早くよくなるよう、お祈りをしています」というメッセージと共に、全額が返還されてきたというところ。返金が羨ましいのではありませんよ。ねこは家族という考え方が、当たり前のようになっているというところ、これが、本当に羨ましいのです。

「別れのレッスン」 ~さようなら、私の猫たち~
発行所:講談社
発行日:2003年10月
著 者:大塚 敦子(文・写真)

色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)

 ぼくは、ここにいるよ

  稚内保健所で保護されている、10ヶ月の男の子です。

  きじトラさんは、優しい子が多いそうですよ。

  希望に、瞳が輝いていますね。

  小さい体に、きっと、夢が一杯なのでしょう。

  赤い糸は、必ず誰かに繋がっていますよ。

  どうぞ、早く優しいご家族に、出逢えますように!

 

はーとハート

 

 稚内保健所で保護されている、推定2~3歳の女の子です。優しい家族のお迎えを待っているの

ちょっと人見知りですが、甘えっ子の長毛さん。

慣れてきたら、お腹を上にして甘えてくれるそうですよ。

一杯愛してくれる、新しいご家族を待っています!

 

きじトラ君と長毛さん、あなたとの出逢いを、いい子で待っています。

心が揺れたら、「みのさん」まで、どうぞ。



みんな、元気でーす。

すごく久々の更新です。

ブログをほったらかして、本や映画で充電をしていました~。

色々と考えた事を、これから、ぽつぽつと書いていくつもりです。

 

はーと

 

家のねこ達も、元気ですよ~!

 

まず、皆様にご心配頂いたハピちゃんです。

はぴちゃん、まだモフモフ中。

 

ズームで撮ったら、なーんか頭でっかちになりました。

怖い顔をしていますが、これは緊張してるんですねー。

お蔭様で、ストルバイトは完治した模様です。

お水も自発的に飲むようになり、沢山ちーをしてくれます。

ヒルズのc/d、大好きなんですよねー。助かっています。

 

年がら年中「なめて~」のラッちゃんと、「またかよ」のちびちゃん。

ちびちゃんとラッちゃん。

ちびちゃんが無視なので、ラッちゃん拗ねています。

2匹が乗っているのは、お茶箱を縦にした、2階建てのお部屋。

真ん中から、上下に半分ずつ区切ってあるのですが、

上に2匹で入るので、どんどんずり下がってきています。

何と言っても、人気は、屋上のこの部分ですねー。

 

最近は、一人で弾けているおたまさん。

たまちゃん、最近はじけてます!

たまちゃんは、きれいな水玉模様だったはずなのですが、

最近太ったのか、水玉が、ちょっと楕円形になってきました。

手足がとても小さい子なんですよ♪

 

お兄ちゃんだったはずのたろちゃん、甘えんぼに変身。

たろちゃんは甘えっ子です。

小さく見えますが、単に頭が大きいんです。。。

たろちゃんは、頭蓋骨が大きいんですよねー。ちびちゃんと並ぶ大きさです。

体も、がっちりと固太りです。この子が、もう甘える、甘える。

一体どうしちゃったんだー!きりっとしたお兄ちゃん、カムバ~ック!!

とは言え、甘え始めてから、スプレーが止まりました。

今まで、ちょっと無理をしていたのかな?ごめんね。

そうだね。心行くまで甘えんぼさんでいいよ。それが、たろちゃんだもんね。

 

ゴマちゃんではなくなった、じろちゃん。

じろちゃんは、ダイエットに成功?

ちょっと、母ちゃんは寂しい。。。

ダイエットに成功か!の、じろちゃん。横になっても、お腹がぷっくん

ではなくなりました。体のためのダイエットだから、嬉しいけれど、寂しい。

ゴマじろうは、可愛かったもん。万年赤ちゃんみたいだったよ。

大人びたじろちゃんに、母ちゃんは戸惑いを隠せません。

でもね、中身は変わらないままの、可愛いじろうだものね!

 

触らないで!見ないで!の、にゃにゃちゃん。

にゃにゃちゃんは、反抗期。。。

元々、フレンドリーなタイプではない子だけれど、最近、逃げます。

今までは、通りかかる時に背中を撫でると、その場に座り、

撫でてもらう体勢をとっていたのに、最近は逃げます。

見ていて、視線が合うと、もう、そそくさと押入れへ。。。

押入れは、最後の砦として、滅多に開けない様にしている場所です。

中は、お布団と炬燵で、要塞っぽく囲ってあります。

母ちゃんが怖いのかなぁ。よく、びぃを怒るしなー。。。(涙)

 

飛び掛るの、大好きだーい!の、びぃのすけ。

とびつくのは、とくいだよ

これは、父ちゃんが一人で、頑張って撮ってくれた1枚です。

びぃのしっぽは、元々、短くてねこじゃらし型なので、

下で、ラッちゃんが飲み込んでいる訳ではありません。

我が家の、困ったちゃん。。。

相変わらず、元気ありすぎのびぃちゃんです。

 

母ちゃんLOVEのしぃこちゃん。

しぃちゃん、小鳥さんを見ています。

家は、12Fなので、鳥さんを見る時、目線が下という事も。

しぃちゃんは、お外にいたら、相当腕のいいハンターだったのでは?

と、よく思います。ジャンプ力が、凄いんですよねー。

箪笥と小さい冷蔵庫の間が2m近く開いていて、段差60cm、

箪笥と天井の間が50cmしかないのに、ぴょーんと飛びます。

それとも、他の子が、駄目なニャツラなんでしょうか???

 

はーと

 

という訳で、9にゃんずは、とっても元気でーす!

 

色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-Violet(白-薄い背景用)色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用)

 ぼくは、ここにいるよ

  稚内保健所で保護されている、10ヶ月の男の子です。

  きじトラさんは、優しい子が多いそうですよ。

  希望に、瞳が輝いていますね。

  小さい体に、きっと、夢が一杯なのでしょう。

  赤い糸は、必ず誰かに繋がっていますよ。

  どうぞ、早く優しいご家族に、出逢えますように!

 

はーとハート

 

 稚内保健所で保護されている、推定2~3歳の女の子です。優しい家族のお迎えを待っているの

ちょっと人見知りですが、甘えっ子の長毛さん。

慣れてきたら、お腹を上にして甘えてくれるそうですよ。

一杯愛してくれる、新しいご家族を待っています!

 

きじトラ君と長毛さん、あなたとの出逢いを、いい子で待っています。

心が揺れたら、「みのさん」まで、どうぞ。


Copyright © た く さ ん の 幸 せ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。