うちの9匹のねこを中心に、日々の想いなどを書いていきます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の棘  しろちゃんのこと

ごめんなさい。今日は、母ちゃんの思い出話です。

 
                    はーとハート


私が、中学校の3年生だったと思います。
小さい時から、ずっと家にいたしろちゃんと、さようならをしました。

しろちゃんは、名前の通りに真っ白で、オッドアイの美猫さんでした。 
その頃は、ねこは外飼いが当たり前。しろちゃんも、外と家を、行ったり来たりしていました。
でも、どんな時でも、一晩以上、帰らない事の無い子でした。

 
その時は一週間位、帰らない日々が続きました。呼べば、いつも、帰ってきたのに。
それでなくとも、もう、かなりのお婆ちゃんです。外へ出る事も、少なくなっていたのにと、 本当に心配でした。家の周りも、ずい分探しましたが・・ 見つかりませんでした。

その夜、何気なく、庭に面した戸を開けました。
何時からいたのでしょうか。下を向いたしろちゃんが、静かに座っていました。
私は驚き、家族を呼ぶと、しろちゃんに向かって「早く上がりなさい。」と言いましたが、 動きません。本当に賢い子で、解らない筈は無いのに。
みんな集まってきても、動きません。
私が抱こうと縁側に出た時、母が、しろちゃんのご飯茶碗にお水を入れて持ってきました。
「そんな事をしては駄目。」と言い、しろちゃんの前に、お茶碗を置いたのです。
しろちゃんは、ぺろぺろと二回、お水を飲むと、初めて顔を上げて、みんなの顔を見ました。
それから、私の方を見て、声を出さずに鳴くと、くるりと後ろを向き、植込みの方へ、 一度も振り向かずに、歩いて行きました。
それが、最後に、私が見たしろちゃんです。

母は、当たり前のように「最後のお別れよ。そういう子もいる。」と言っただけです。

 

                     はーとハート

 

今、この歳になって思う事は、何故無理にでも家に入れてやらなかったのか、本当にあれでしろちゃんは満足だったのかと言う、悔いばかりです。

苦しくて、背中を撫でる手が、恋しくはなかった?最後の時、温かい腕が、瞳が、恋しくはなかった?眠るように、安らかに往けたの?
本当に、さようならだったの? 
もう一度逢ったら聞いてみたい事が、沢山あります。
でも、きっと、しろちゃんは、母と一緒に、虹の橋を渡って行ってしまったでしょう。

いつか、私も、大勢のねこ達と共に、虹の橋を渡ります。

そして、どこかで、しろちゃんに出逢うでしょう。
その時に、初めて、心の棘が抜けるのかもしれません。



スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

No title
猫と永年付き合う人がみんな持つ棘だねえ。心の柔らかい優しいところに、猫が爪で印を付けていくのだ。私を忘れないでね。猫の幸せのことを考え続けてね。それは人間の優しさへの保証書なんだよ。動物愛護という、怒りと涙の生き方に光りを与えてくれる、猫の魂のにくきう手形、僕らの誇りです。
強く賢いメスはお別れ言って一人で逝く。あまえんぼのオスはお母ちゃんの手の中で。うちの過去の子達はそんな風でした。
みゆき楽団みゆき | URL | 2008/04/22/Tue 00:30[EDIT]
No title
心の棘か…
何かの拍子にちくちく痛んで、仕舞っていたものがふわぁっと顔を覗かせるよね。
それが後悔なのかなんなのかよくわからないけれど。
だけど、棘の存在を感じたり ちくちく痛むのはその子とつながっているシルシ
なんじゃないかと思うんだよね。
そうは思っていても…逢いたいよねぇ…撫でたいよねぇ。
しろりん | URL | 2008/04/22/Tue 04:21[EDIT]
みゆき様
そうですね。自立した、誇り高きねこ、と考えてあげた方が、いいのかも知れませんね。
「自分で選び取った、最後の形」として、受け入れてあげた方が。。。
そういう別れ方をしたのは、しろちゃんだけだったので、ずっと、迷いが残っていました。
あの時、抱っこしていたら・・ って。
ごめんなさい。性別を書くのを忘れました。母ねこさん。女の子です。
母ちゃん | URL | 2008/04/22/Tue 05:27[EDIT]
No title
そうなのよねー。声を出さずに鳴いた顔が、目の前に浮かぶのよねー。
あの時抱き上げていたら、違った結果になったんじゃないかって考えると、もう、辛くて。
歳だったし、条件は違うけど、うちの子、病院で駄目を出されても、今、元気でしょう?
そう思うと、後悔がグワァーっとね。保護してから、後悔は倍増。
もっとも、逆らえる親じゃなかったから、抱いても、結果は変わらなかったかもなー。
愚痴をこぼしてしまいました。ごめんなさい。
母ちゃん | URL | 2008/04/22/Tue 06:06[EDIT]
No title
chakoさん、ブログ開設してたんだ。
出遅れた。
おめでとうございます。
どうぞ、これからねこさんとのふれあいを記事にしていってください。
また、仲間として動物との関わり方について
語り合っていきましょう。
お狂 | URL | 2008/04/22/Tue 19:07[EDIT]
お狂様
わぁー! ありがとうございます。
文にも、更新にも、PCにも、余り自信がないので悩んでいたのですが、
ゆるゆるでいいかなと、始めてみました。
ねこの事なら、書いていけるかなー。 頑張ります!
PCの事は、父ちゃんが頼りなので、ぽちぽちと、お勉強致します。
どうぞ、これからも、よろしくお願い致します。
母ちゃん | URL | 2008/04/22/Tue 23:41[EDIT]
No title
Chakoさんのお母さんは流石です。しろの気持ちを見事に読み取り希望通りの最期を迎えさせてあげたのです。自分の最期はその一週間で選定した場所で端然と座して毅然と死と向かい合って旅立ったのです。20年も共に暮らしても、最期は一人で迎えたのも、野良から家猫として中で生活をし、中年は外猫として通い最後にまた家に戻り半年を暮らし、死の五分前に一声合図をして必死に膝に乗り丸くなり旅立ったのも居ます。猫は、いずれの時も取り乱すことなく、立派に自分の選んだ様式で最期の時を迎える精神力を持つ生き物だと確信します。しろさんは、多分母上と一緒に虹の橋を渡ったでしょうが、貴女を出迎えに降りてきて案内してくれるでしょう。私は、会いたい子がもう随分多いので早く行きたいのですが、まだまだ私と暮らすのを楽しんで呉れる子達に囲まれていますので、10年はこちらで居る予定にしています。
yasu | URL | 2008/04/26/Sat 20:35[EDIT]
yasu様
ありがとうございます。
そう仰って頂くと、気持ちが楽になります。見送ったどの子も、もっと出来る事があったのではないか、こうしていたらと、微かなりとも後悔の念が付き纏います。
yasu様も、大勢の子を、見送られたのですね。きっと、ねこさんは、私などよりはるかに強い精神力を持っているのでしょう。私の感傷など、笑っているかもしれません。
いつか、また逢う子達の為に、恥ずかしくない様、精一杯生きなくては。。。
yasu様も、沢山の子供達がいらっしゃるのですから、10年と言わず、もっともっと、頑張らなくてはなりませんね。予定は未定、思ってもいらっしゃらないほどの長逗留をお願い致します。
母ちゃん | URL | 2008/04/26/Sat 23:11[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © た く さ ん の 幸 せ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。