うちの9匹のねこを中心に、日々の想いなどを書いていきます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「わたしは今がいちばん幸せだよ」

前回の記事で予告をしてしまったので、どういう形で感想文を書こうかと、いろいろ考えましたが、本当は、私などがゴチャゴチャと書くより、読んでみて、その方なりの受け止め方をするべきなのでは?という結論に至り、あっさりと終わらせる事に致しました。

 

 

ここからは、「死」についての言葉が出てきますので、目にしたくない方は、ご遠慮下さい。

 

 

 

「わたしは今がいちばん幸せだよ」 ~エルマおばあさんケア日記~

発行所:小学館

発行日:2004年11月10日

著 者:大塚 敦子 

 

この本の著者は、大塚敦子さんです。「さよなら エルマおばあさん」の著者さんでもあります。

「さよなら エルマおばあさん」は、ねこのスターキティの目を通して、エルマおばあさんの最期の1年間を綴った本ですが、その大人版といえる、「わたしは今がいちばん幸せだよ」は、日付が入り、日記の体で書かれています。

私が、なぜ、この本について書きたかったのかと言うと、エルマおばあさんの死への準備が、淡々と、しかし周到になされていく様が、確りと書かれているからなんですねー。

残されるもの達への、最期の贈り物として、後悔や罪悪感を後まで残さないように、全ての事を自分で決定していくのは、エルマおばあさんのように、自立心と矜持を持っていなければ、簡単な事ではないと思います。そして、送る側も、執着を断ち切り、心配を残しながらの旅立ちにならないように、お互いに笑って別れる準備をしなくてはなりません。それは、私にとっては、とても素晴らしい事のように思えます。

でも、日本人の心情として、送られる方も、送る方も、涙ながらの別れでなければ、冷たいと受け取ってしまうのかなぁ。。。というのが、今回、思い入れを書くのを止めた理由です。

 

現在、私がお手本として見習いたい、と強く思う理由は、実はねこ達のためなんですねー。全ての子を看取るつもりでいるので、今から、送る側としての悔いを残さぬよう、その時に、ねこにとって辛い選択をしてしまわぬよう、心の準備を始めているのです。長くも短くも、一緒にいられるのは、現世では限られた時間です。愛したら愛した分、別れの辛さが増すのでは、出逢った意味が無い。愛した分、幸せだったよ、と言ってやりたいなぁと願っているのです。

勿論、私がこの世を去る時に、エルマおばあさんのように、見事な旅立ちが出来るように心掛けたいとも思っています。

 

 

 

 

ということで、お口直しに(なるかー?)、どうぞ。

まいにち、あついんだもん  

今日は、壁際なので、片足だけ「開き」になっております。

ぐっすりかと思っていましたが、お目々が開いていますねー。

 

 

次回は、「V字バランスのしぃこさん」を、掲載予定です。

って、次回の予定は、今回で終わりです。

。。。たいへんなの、プレッシャーが。。。

 

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

「さよなら エルマおばあさん」、図書館で予約しました。
これ読み終えたら、大人版も読んでみますね~

先代の犬ちゃんが病気中は、悟られてはいけないっ(笑)と、
本人の前では冷静に、静かに残りの日々を過ごしましたが、
(舞台裏ではバタバタでした ^^;)
看取った後はすっかり腑抜けになりました。
「笑って別れる準備」と聞いて、
あのとき、わたしは上手に それができたかどうか振り返ってみましたが、
どうもそれはできなかったのではないかと思っています。
ただ、本人が粛々と旅支度が整えるのを 黙って見守っていただけでしたねえ。
そういう意味でもエルマおばあさんの本、楽しみです。
良書をご紹介くださって、ありがとう。

お口直しの びぃさんの開き、
これは別腹ですので、おかわりをお願いしたいくらいです♪
ムスメ | URL | 2008/07/24/Thu 14:21[EDIT]
ムスメ様
ありがとうございます。
>黙って見守っていただけでしたねえ
これが、難しいことですよー。犬ちゃん、きっと、全てをわかった上で(舞台裏も)、
ありがとうって、ずーっと愛しているからねって、思っていたと思います。
未だに話すことの出来ない、私の全てだった子は、老衰でしたが、人間以上に雄弁に
瞳で語ってから、旅立ちました。私が養家に帰る時まで、待っていてくれたとも思って
います。きっと、動物達は解るんですよ。(涙がボロボロ。。。修養は、難しい!)
私自身、延命措置なんて絶対お断りなのに、ねこ達には、そう出来るかどうか。。。
だから、今から心の準備を始めておかないと、って思うんです。せっかく出逢って、
愛した子達に、私のエゴで辛い思いをさせるのは、可哀想ですからねー。
大塚敦子さん、マイブームなので、しつこくUPしてしまいました。ごめんね。

びぃちゃん、小さい頃は、潰れたかえるさんのように、よく、ぺったんこで寝ていました。
最近は、上向きの「開き」が多いですねー。
chako | URL | 2008/07/24/Thu 16:47[EDIT]
ありがとう、chakoさん。
コメレス読ませていただきながら泣けてしまって。
ああ、わたしって、まだまだダメだなあ(笑)ズルズルだわ~

ムスメ | URL | 2008/07/25/Fri 00:48[EDIT]
ムスメ様
もうかれこれ30年近くも前になるのに、私は未だにズルズルですー。
やっぱり、恋しくなっちゃうよね。。。
でも、「私の全て」+父ちゃん+子供達+お友達、こんなに私の愛情は増えて
大きくなったなーって思うようにしているの。今まで見送った子達にだって、ちっとも
注いだ愛情は減っていないと思うし。。。
ムスメさんも、どんどん愛情が大きくなっているもの。これは、素晴らしい事だよー。
遥か彼方の想い出にしないで、辛さも丸ごと背負って、これから出逢う子達も
一杯愛してやってね。辛さより、幸せな想い出の方が、絶対大きいと思うよ。
その方が、まろ君だって嬉しいのだ~。(←この口調が、離れません。)
chako | URL | 2008/07/25/Fri 12:49[EDIT]
chakoさん、こんばんは。
しぃちゃんの記事、読み返しに来ました~。
うちのりんりん、しぃちゃんほど可愛くないです(笑)
私より絶対にネコズのほうが好きです。
でも確かに我儘というか、ちっと偏屈なとこは似てますね^^

私ね、これは泣くなって本はなるべく避けてます(笑)
この↑の本もまだ未読なんですが、ここにあるような覚悟と涙は異質なようで、
でも同居することもある・・・っていうか同居できるもんだと思います。
哀しくて辛くて・・・その気持ちも現実だけど、でも生きてるからには
やらねばならん事もあるってのも現実だし・・・。
ワタクシも肝を太くするべく、もっと修業いたします。
うき | URL | 2008/07/25/Fri 22:25[EDIT]
うき様
ありがとうございますー。
しぃこ、すっごくワガママです。似てると書いてから、失礼だったかなーって思いました。
私を、人間としてではなく、ねこの親として好きなんだと思うんですよねー。多分、どこかで、母ねこさんと私がすり替わっただけなんだと思うんですよー。何しろ、父ちゃんの顔を見ると、未だにぴゅーっと逃げますから。。。

この本は、涙がボロボロ出ます(笑)。ただ、気持ちのいい涙かなー。
後は、次回の記事に、付け足しますね。すごく長くなってしまったので、消しました。
って書きながら、また違う方向に行くかもしれませんが。
それから、このコメ欄は、記事に全く関係のないことでも、どんどん書いてくださいね。
記事無視◎、横レス◎でーす。
chako | URL | 2008/07/26/Sat 01:43[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © た く さ ん の 幸 せ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。